楽天銀行カードローンの審査を受ける前にすべきこと

楽天銀行を利用することの魅力

 

通常、銀行系カードローンは収入証明書が必要になりますが、楽天銀行カードローンは、限度額100万円までなら収入証明書は不要という、他にはない手軽さが魅力です。

 

そしてスピードも魅力です。審査にかかる時間は、早ければその日のうちにわかります。年収が税込300万以上なら、雇用形態や職種を選ばず、正社員でなくても、アルバイトでもパートでも自営業でも利用が可能です。

 

また、金利の低さも楽天銀行の魅力です。このように税込年収300万以上の方にとっては魅力満載の楽天銀行カードローンですが、一つだけ注意が必要です。

 

それは年収が税込300万円以下だと審査に通らない可能性が高いということです。

 

審査落ちしないためにはどうしたらいい?

 

もし楽天銀行カードローンに申し込んで、審査に落ちた場合にはどうしたらいいのでしょうか。まずはその原因を考えましょう。

 

審査落ちしても会社側からはその理由を教えてくれることはありませんが、自分なりに収入の問題なのか、書類の不備なのか程度の憶測はつくと思います。

楽天で審査に落ちてしまった場合

 

ちなみに楽天で審査落ちをした場合、半年は楽天でのカードローンには申し込むことができません。それなら別の会社で審査・・となりがちですが、それは決してやってはいけないことです。

 

一定期間、信用関係の情報に履歴が残るので、別の会社のカードローンに申し込んでも不利になるばかりか、不審に思われてしまう可能性があるからです。そうなれば、なおのこと、審査に通りづらくなります。

 

審査に申し込む前にシミュレーションを利用

 

あらかじめ「くらべる君」などの審査シュミレーションをウェブで利用してから審査を受けることをおすすめします。

 

これは最新の審査基準を元に、楽天だけでなく、様々なカードローンの審査をシュミレートしてくれるとても便利なサービスです。

 

サイト内の案内に従って必要事項を入力するだけで審査に通るかどうかの判断がつきます。

 

もし楽天銀行カードローンの審査に落ちた場合、その理由を知りたいと思った時にも、会社でははっきりと教えてはくれませんから、憶測の範囲でしかその原因はわかりません。

 

でも「くらべる君」で確認しておけば、何が原因で審査落ちしたのかという判断がつきやすくなります。

 

ただあとから原因を探るよりは、事前に「くらべる君」でシュミレーションしておく方がはるかに有利です。

 

ほんの数分で確認できますので、ぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


4.7%〜18.0% 500万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日